走行距離のメーター改ざんって何?という質問が寄せられることがたまにあります。

 

メーターの改ざん問題は、今の時代ではそこまで多くなくなってきてはいますが、ただ、まったくなくなったというわけでもないので、今回は、走行距離のメーター改ざん問題についてお話してみたいと思います。

 

私たちが車を購入する際には、やはりどうしてもその代金のことが真っ先に気になってしまうことになるわけですが、まあ、どんな車であっても決して小さな金額ではありませんので、それも仕方のないところだとは思います。

 

新車の場合、お金以外のことは気にする必要がありませんが、中古車の場合、車の状態など気にすべきことはけっこうあります。

 

中古車を購入するときには、やはり少しでも状態が良くて、代金が安い車が理想ですが、基本的にそんなことはまずありえません。

 

ただ、場合によっては、なぜこの車がこの代金で・・・と首をひねりたくなってしまうようなケースもないわけではないようです。ではなぜ良好な状態の車の割に、妙に価格が安く設定されているのか、というと、そこには、走行距離のメーター改ざんが隠されている可能性があるのです。

 

つまり、まあこれは業者側の悪事なのですが、中古車というのは、走行距離が短ければ短いほど、価格が高くなるというのはみなさんご存知のところだと思います。

 

もちろん、走行距離が多くなればなるほど中古車価格は安くなります。特に、10万kmを超えてしまうと、一気に価格が下落するなどとも言われています。

 

そこで、もし10万km以上の車の走行距離のメーター改ざんを行ったとするとどうでしょう?本来では買えない値段で、かなり走行距離が短い車を買えることになります。

 

売るほうからすれば、10万kmを超えている車でありながら、かなり高い価格で買ってもらえるという、あってはならないものの、大きなメリットが生まれることになります。

 

古いタイプのアナログメーターですと、自分で取り外して裏側からダイヤルを弄ると簡単に出来てしまいますが、現在のデジタルメーターでは専門の業者でなければ行えません。

 

かつて悪質な中古車販売店ではメーターを巻き戻して車体を販売していたという業界ではよくある話が暗黙の了解としてあったりしていました。

 

ですがこういった問題を防ぐために車検証に検査を受けた時点での走行距離を記すようになり、かなり防げるようになってきています。

 

ただ、走行距離のメーター改ざん問題の場合、メーターだけを改ざんしても、修理履歴やメインテナンス履歴なども改ざんしなければならないことになりますし、そうかといって、型式や初年度登録までは改ざんすることはできません。

 

本来であれば、どこかでしっぽが見えてしまうはずなのですが、やはりそこは私たち素人であれば気づかないだろうということで、そのあたりが、走行距離のメーター改ざん問題が未だに撲滅されない理由になっているようです。