瑕疵担保責任は売り手にあります

瑕疵担保責任という聞きなれない言葉がありますが、売買契約では重要な事項となります。

 

車を売りたい方が買い取り専門店で150万の査定金額に納得して売却し、その後重大な欠陥が発覚した際に「瑕疵担保責任」が発生します。

 

その内容は、修復履歴があったのに無いと申請したり、走行距離メーターの改竄が行われていたりという取引において買取り側に損害が出る場合になります。

 

車を売却した方が以前購入した際に購入した中古車販売店が修復歴を隠していたとしても、それは瑕疵担保責任となってしまうのです。

 

また、買取りが決まった後なので車を返してもらうにも納得がいきません。ですが、これは虚偽の情報があるという事で言い逃れは一切出来ないのです。

 

特に悪質な中古車販売店でもこういった瑕疵担保責任を利用し、修復歴がないのに修復した形跡があると言ったり、走行距離も正常ななのに改竄されていると言いがかりをつけてきたりします。

 

さらに虚偽情報で車を販売している温床となっているのがインターネットオークションです。個人売買においては嘘の情報で価格を安いと感じさせたりする出品者もいます。

 

そんな悪質な連中に騙されないためにも、大手の買い取り専門店と取引するのが安心です。車を購入する際にも新車・中古車はディーラーが品質は信用出来ます。