プリウスは未だに進化するエコカー

プリウスは今や世界中で認知されるほどのハイブリッドカーとして人気です。

 

エンジンだけではなく、モーターも同時に搭載する事によって圧倒的な燃費性能を実現しています。

 

そんなプリウスの歴史をご紹介いたします。

初代プリウス

初代プリウスは1997年に登場し世界中に衝撃を与えました。

 

これまでの常識だったガソリンエンジンにモーターを組み合わせるという画期的な技術革新を起こしたからなのです。

 

世界初の量産車のハイブリッド化と言う事で世界中から注目され、実際の燃費性能も当時から群を抜いていました。

 

一般的なセダンの平均的な燃費が1リットルあたり約10キロほどだったのに対し、プリウスはは何と28キロという倍以上のものでした。

 

見た目は小型セダンのような4ドアでコンパクトな設計で作られ、車重は約1200キロという平均的なサイズでした。

 

 

排気量は1500と当時のトヨタの主力のカローラなどと同じにして、より少ない燃料で長距離の走行が可能な車として認知され始めていきます。

 

また販売価格は215万円〜という設定で意外と安い価格でのスタートとなりました。

 

ですが当時はまだエコカーやハイブリッドというものが世間への浸透が進んでおらず、販売台数はヒットとは言えるほどのモノではありませんでした。

 

しかしこの初代プリウスが現在のハイブリッド車の基礎を作ったのは言うまでもありません。

 

2003年まで製造され、その後人気となっていく2代目へと変わって行きます。

2代目プリウス

2代目モデルのプリウスは2003年に登場し、大幅なデザインの変更や性能が進化されてリリースされます。

 

特に見た目のデザインが大幅に見直され、ハッチバックタイプへと変わっています。

 

特に空力性能を意識したデザインとなり、このおかげで燃費性能が更に高まっています。

 

初代は5ナンバーサイズに収めていたのですが、このモデルから3ナンバーサイズへと拡大されています。

 

 

エンジンは先代モデルのモノをそのまま継承し、モーターの出力は先代の約1.5倍という大幅なリニューアルがなされています。

 

そして燃費性能ですが、何と35・5キロという圧倒的な性能へと引き上げられました。

 

この2代目は2011年まで生産され、ハイブリッド人気の先駆けとなりました。

3代目プリウス

3代目モデルは2011年位登場し爆発的な人気で大ヒットしました。

 

2代目のボディデザインをベースにデザインが改良され、ハイブリッドシステムもさらなる改良が施されました。

 

またプラグインハイブリッドの設定も行われ、専用コンセントに差し込む事で充電する事が可能になりました。

 

 

さらにステーションワゴンタイプのプリウスαがリリースされ、荷物の積載量が増えて使い勝手も良くなっています。

 

全体的暗性能面では2代目とほとんど同じであり、見た目の変化が特徴です。

 

また中古車市場でも数多く出回っており、最も新車で売れたモデルとも言えます。

 

2015年まで生産され、この後に現行モデルの4代目へと変わって行きます。

4代目プリウス

4代目は現在販売中のモデルであり、2015年12月に販売が開始されました。

 

見た目のデザイン変化が大幅に行われており斬新なスタイルとなっています。

 

2・3代目のボディデザインから完全に初代のようなセダンタイプに形状を戻しています。

 

エンジンは3代目のモノをそのまま使用していますが、さらに改良をくわえつつハイブリッドシステムのさらなる小型化にも成功しています。

 

 

そしてプリウス史上初の4WDのグレードも用意される事となりました。今までの前輪駆動と2種類から選ぶ事が出来ます。

 

燃費性能はリッター約37キロにまで向上され、走りの質感も向上されています。

 

まだフルモデルチェンジしたばかりですが、これから更なる進化が期待できます。