洗車に欠かせないケミカル用品たち

洗車に欠かせないのがケミカル用品です。

 

基本的にほとんどの道具はカー用品店、もしくはホームセンターでそろえる事が出来ます。

 

ですが、あまりにも種類や品数が多すぎて何が必要か分からなくなる事もあると思います。

 

そこで洗車を行う際に絶対にあった方が良いアイテムを紹介していきます。

カーシャンプー

カーシャンプーは車の洗浄を行う際に欠かせない道具です。

 

通常の汚れ落とし専用から鉄粉を除去するための物までラインナップされています。

 

目的に合わせて選び、さらには車体の色に合ったシャンプーを選びましょう。ラベルに色の対応は記載されています。

 

使い方はバケツにシャンプーを入れてから水で薄めて使うものが殆どです。

ボディスポンジ

ボディスポンジはシャンプーで車体を洗う際に必須となります。

 

大きさや素材も様々で、車体が大きいモノは面積が広いモノを使うと良いでしょう。

 

ボディを洗う際には力を入れて表面を擦らないようにするのがコツです。

コンパウンド

コンパウンドは塗装の艶をよみがえらせたい時に使用します。

 

新車には必要ありませんが、5年以上経過した車体ですと使用状況によりますが、塗装の艶が落ちてきます。

 

そこでコンパウンドを使用する事で、古い塗装の被膜を削って下にある綺麗な被膜を表に出します。

 

使用上の注意としては、擦り過ぎると塗装を全て削ってしまい、地金が出てきてしまいます。

 

軽くこする程度の使用にし、毎回の洗車ごとに使う必要もなく年に1度くらいで大丈夫です。

ワックス

ワックスは塗装にコーティングを行って艶を出すために欠かせません。

 

洗浄後にボディの水分をすべて取り除き、ボディ全体に塗って乾いた後にふき取ります。

 

こうする事で表面が輝くように綺麗になり、水滴をはじくようになります。

 

月に1度は塗って行き、塗装面の艶出しと保護を行っていきましょう。

ガラス用コンパウンド

ガラス用コンパウンドはガラス面を磨いて曇りを取ります。

 

撥水剤などを使い続けていくと雨をはじくのですが、しばらくたつと撥水性が落ちていきます。

 

そこでコンパウンドで古い撥水の膜を削り落とす事で新しい撥水剤を塗る事が出来ます。

 

ガラス面は全てにおいてコンパウンドをかけて撥水剤を塗って行きましょう。

タイヤワックス

タイヤワックスはタイヤの側面を綺麗にするためのアイテムです。

 

タイヤの素材はゴムなので、長い期間使用していると熱が入って艶が落ちていきます。

 

そこで洗車後にタイヤワックスを塗る事で新品のような艶を出す事が出来ます。

 

汚れやUVから保護する働きもありますので、タイヤの寿命を延ばす事にも繋がります。

 

ただ、路面を接するトレッド麺には絶対に塗らないでください。タイヤが滑って非常に危険です。