車査定の前に車内の清掃をお忘れなく!

車を売る際に、少しでも愛車を高く売るために気を付けておかなければならないことはけっこうたくさんありますが、意外と忘れられてしまうことが多いのが、室内の清掃です。

 

ですから、今回は「車内の清掃もお忘れなく」というテーマでお話していきたいと思います。

 

では、車内の清掃がおろそかになってしまうと、査定額の面でマイナス評価になってしまうのか?という疑問も生まれそうですが、結論から言えば、社内の清掃がおろそかになっていたとしても、それほど査定額がマイナスになることはそうそうありません。

 

何しろ、ボディーに傷があったとしても、それがごく微小な傷(小さく、浅い傷)であれば、査定のマイナスになることがないとも言われているくらいですから、車内の清掃がおろそかになっているくらいでそこまで大きなマイナスになることなどありえないというのが、一般的な査定の認識になります。

 

では、なぜ車内の清掃をしっかりしてから査定にかける必要があるのかおわかりでしょうか?

 

実はそこには、査定額云々以前の、非常に大きな意味がかくされているのです。

 

これはいわば、売る側と買う側の間に生じる暗黙のルールであり、一般的な常識がある人であれば、誰もがクリアしておかなければならない考え方であるといっても過言ではないのです。

 

確かに、相手は車を買い取る業者ですから、一見こちらがお客さんであるかのような接客を受けることになります。

 

しかし、よく考えてみると、私たち車のオーナーは、あくまでも車を買ってもらう立場であり、相手の車買取業者は、私たちオーナーから見れば、完全に「お客さん」であるということになるはずです。

 

みなさんが何か買い物をするときに、汚れてきたならしい商品を差し出されたとすると、たいていは腹を立てるはずです。

 

汚れていたほうがよい商品なんて、採れたての無農薬野菜くらいのものでしょう。原理はこれとまったく同じです。

 

確かに車内の清掃の状態がどうであれ、よほどのことがない限り、査定額にあまり影響が及ぶことはほぼありませんが、あからさまに大きな汚れが付いているとなると査定額は落ちてしまいます。

 

当然の事ながらその汚れを落とすのに費用がかかってしまうからなのです。ですからなるべく綺麗な状態で査定に持っていくのが望ましいと言えます。

 

しかし、お客さんに対して引き渡す愛車だからこそ、「車内の清掃もお忘れなく」ということばを車のオーナーさんにはお伝えしなければならないと考えます。

 

愛着のある車だからこそ、大切なお客様に引き渡す際には、清掃を忘れないようにしていただきたいと思います。