車査定で大事な部分

車を売る以上は、少しでも高く売りたいと思うのが人情でしょう。

 

では、車を高く売るためにはどうすればよいかというと、まずは車査定時のチェック項目をリスト形式で用意し、その車査定時のチェック項目での評価をできるだけ高くするように努力するといった工夫が必要になるといえます。

 

では、車査定時のチェック項目にはいったいどのような項目があるのかということを知っておかなければなりません。

 

そこで今回は、車査定時のチェック項目にはいったいどういった項目があるのかということについてお話しておきたいと思います。

 

まずは外装(ボディ)が重要なポイントになります。というと、多くは、一生懸命ボディを磨いて、今までほとんどかけたことがないワックスなどをかけようとする人も少なくないと思います。

 

ぶっちゃけていえば、ボディが汚れていても、それほど査定額の減点ポイントにはならないといえます。まあ汚いよりはキレイなほうが印象としては良いかな・・・という程度のものです。

 

ボディで最も査定額を左右するのは、ボディカラーであるといえます。ボディカラーは、はやりすたりがはっきりしているので、査定額には直結することが多いといえます。

 

ですから、車査定時のチェック項目にボディそのものを加えるというよりは、まずはボディカラーとして項目に加えていただきたいと思います。

 

もちろん、ボディのへこみなどに関しても、車査定時のチェック項目に加えておく必要はありますが、へこみについても、そこまで深刻に考える必要はありません。

 

明確にへこんでいるボディは、そもそも「事故車」として扱われることもありますので、これに関してはもう車査定時のチェック項目以前の問題です。

 

多少のへこみであれば、これもまあ直せるなら直しておいたほうがいいかな、という程度であって、そこまで査定額に大きく影響するものではないといえます。

 

車査定時のチェック項目は、内装(インテリア)も重要視されますが、こちらも汚れなどに関しては、そこまで問題にしなくてもよいでしょう。

 

より問題になるのは、タバコのニオイであるとか、シートの状態といった、交換が必要になるかどうかという部分が重要になります。

 

ボディのへこみなどの場合、交換が必要なレベルであれば事故車としての処理が妥当といわれてみ仕方がないところがありますが、内装の場合は、交換が生じても事故車扱いにはなりませんので、車査定時のチェック項目に加えておかなければなりません。