内装は普段から綺麗にしておいてください

車の査定時に結構見られているのが内装です。

 

車内の状態というのは中古車を買う際に気になる部分だと思います。

 

そこで自分が欲しい車の内装が傷だらけだったり、色あせたりしたり、シートの生地が破れていたりすると印象は悪くなります

 

ですので普段から車内の状態は綺麗に保つようにしておくと査定の時もマイナス評価を受けて金額が下がるのを防げます。

 

では特にどういった部分に気を付けておけば良いか?という事をお伝えします。

 

  • 車内にゴルフバッグを置く場合は傷に気を付ける
  • SUVなどはトランクルーム内の傷に注意する
  • MT車などはシフトブーツやシフトノブの傷みに注意
  • オープンカーは帆の状態に気を付けましょう
  • シートに飲み物をこぼさないようにしてシミを付けないようにしょましょう
  • 喫煙者の場合は車内でなるべく吸わないようにして臭いを残さないようにしましょう
  • ダッシュボードの汚れが付かないように定期的に掃除を
  • フロアマットも清掃して綺麗な状態を保ちましょう

 

これらの項目を普段から意識しておけば内装の状態を保つことができます。

 

車を査定に出す時がいつ来てもいいようにしておくのがベストと言えます。

 

そして、査定士の印象が良いと評価点も上がりやすくなりますので金額に直結します。

 

車の中も自宅と同じように綺麗にするのを心がけておくのをお薦めします!