スパークプラグは定期交換で性能を維持できますよ

スパークプラグというのはエンジンの点火を担当するパーツです。

 

エンジンは点火によって出力を得ていますので、その最重要な役割を受け持つスパークプラグは常に良い状態を保つようにメンテしましょう。

 

基本的にスパークプラグの寿命はオイルなどの消耗品よりも遥かに長い寿命を持っています。

 

一般的なタイプですと約1万5000キロごとの交換目安があります。また長寿命タイプですと5万キロでも持つ物もあります。

 

また、定期的にスパークプラグの清掃を行う事で点火性能を維持できたりするので、エンジンルームからプラグを外してブラシで磨く方もいます。

 

スパークプラグは点火した際に燃えカスのカーボンが電極に付着し、堆積していく事で点火性能を下げてしまいます。

 

このカーボンをブラシで除去するといったメンテナンス方法がかつてはありましたが、現在ではそこまで堆積しない構造になっており、メンテナンスフリーとなっています。

 

ですが、設定された寿命を越えた仕様を続けますと燃費性能、加速性能、エンジン出力の低下、異常燃焼などを引き起こしてトラブルの原因となります。

 

またスパークプラグは車の使用状況によって寿命が変わってきます。

 

一般的な乗り方ですと交換目安通りにいけるのですが、スポーツ走行などのエンジンを高回転まで回す使い方ですとスパークプラグの負担も増えて寿命は短くなります。

 

また点火コイルなどを強化品に交換した場合も同様にスパークプラグの寿命は短くなるので、メンテナンスはしっかりと行っていきましょう。

 

スパークプラグの価格は1本1000円〜となっており、性能によって値段が変わって行きます。

 

製造メーカーですと、NGKやデンソーなどがあり大手の企業なので品質は非常に高いモノと言えます。

 

もしもプラグが劣化した際に考えられる現象もご紹介しておきます。

 

エンジンをかけた際のアイドリング中になぜかエンジンが息継ぎをするように安定しなかったり、走行中にアクセルを踏んで一瞬加速が鈍ったりといった現象が起きた際にはスパークプラグの劣化が考えられます。

 

こうした予兆が起きた場合には早めにスパークプラグの点検を行い原因を特定し安全な走行が出来るようにして行ってください。