ミッションオイルは走行性能に影響します

ミッションオイルと呼ばれるギヤ部分のメンテナンスも結構大事です。

 

MT車やAT車に共通する部分で名称は違ったりしていますが基本的には似たようなものです。

 

MT車ですとミッションオイルと呼ばれ、AT車だとATF(オートマチックトランスミッションフルード)と一般的に言われます。

 

これらのオイル交換目安はエンジンオイルの3000キロに対して、約5万キロと言われおり意外と長距離使える物だと思われがちです。

 

でも実は新車の時ってミッションも新品ですので金属同士の当たりを出すために鉄粉がかなり出てしまいます。

 

一般的には慣らしと呼ばれるもので、新車だとエンジンもミッションも慣らしをするのに約1000キロほど走行した時点でだいたいの当たりが出ます。

 

この際にオイル類の交換を行うのが良いとされています。その理由は先ほど述べたように当たりが出るまでに鉄粉がオイルの中にたくさん発生してしまうからなのです。

 

また走行距離が進むにつれてミッションオイルも自然に劣化していきます。エンジンオイルと同様に油膜性能が低下しますので、定期的な交換をお薦めします。

 

オイル管理を怠った状態の車ですと、特にMT車が顕著に症状が出るのですが、シフトが入りにくかったり、シフトチェンジの際に引っ掛かりを感じたりするのです。

 

これらの症状の原因としては、オイルが劣化してミッションのギア部分にあるシンクロを痛めている可能性があります。シンクロはエンジン回転数とミッションの回転を合わせる重要な部分です。

 

特にスポーツタイプの車種ですとミッションオイルの管理はエンジンと同じくらい重要視されていますし、交換サイクルも早めにしておくのが良いとされています。

 

激しいスポーツ走行を行わないミニバンやセダンなどに関しては基本的にAT車が多いので5万キロほどで交換しても大丈夫です。

 

ミッションオイルの管理次第で愛車の売却金額に影響が出たりもしますので、しっかりとメンテナンスを行う事をお勧めいたします。