愛車が盗難された際に慌てずに手続きを

車の盗難は年々増加しており、窃盗団もあるほどなのです。

 

しかも盗んだ車を解体して海外に流してしまうといった事は頻繁に起きており、海外では盗難車を組み立てる窃盗団もあります。

 

そこで今回は、もしも車両盗難をされた場合の手続きの手順はどうすべきかという話をしていきたいと思います。

 

車を持っていると、いろいろなトラブルやアクシデントのリスクが、車を持っていない人にくらべると高くなるというのは当然のことです。

 

基本的に、トラブルやアクシデントが起こる前提で車を所有することなどないわけですが、前提はどうであっても、そういったリスクがともなうようになるということは間違いありません。

 

車に関するトラブル・アクシデントというと、真っ先に思いだされるのが、やはり交通事故ということになると思います。

 

もちろん交通事故では頭が真っ白になるとは思いますが、もっとまれなケースとしては、車両盗難に遭ってしまったというケースも、かなり頭が真っ白になると思います。

 

おそらく多くの車のオーナーさんにとって、車両盗難のリスクというのはあまり考えないと思います。あるいは、車両盗難など、過去にはよくあったというだけで、セキュリティがシビアになってきている今の時代ではそこまで深く考える必要はないのではないか・・・というふうに考える人も少なくないはずです。

 

ところが、近年になって車両盗難の事件はむしろ増加の傾向にあるということは、車のオーナーさんであればしっかりと理解しておく必要があるといえるでしょう。

 

残念ながら、現在は車に特化した窃盗集団も増えていますので、もしも車両盗難をされた場合の手続きの手順についても、多少は知っておいたほうがよいということになります。

 

とはいっても、もしも車両盗難をされた場合の手続きの手順は、実際にそういう目に遭わなければまず考える必要がない手続きですから、頭の片隅に入れておくというくらいでよいということになるでしょう。

 

もしも車両盗難をされた場合の手続きの手順で、はじめにすべきことは、みなさんのご想像通り、警察への届け出ということになります。

 

このときには、被害届の形で書類を作成します。次に、陸運局もしくは自動車検査登録事務所に足を運んで、登録抹消、もしくは一時登録抹消の手続きを行うことになります。

 

一時的にせよ、登録抹消の手続きが完了すれば、自動車税が還付されますので、還付手続きも行うようにします。

 

一見、もしも車両盗難をされた場合の手続きの手順は対したことがないように感じられるかもしれませんが、陸運局に提出するための書類などは、市役所などで発行する必要がある場合もあります。

 

車がない状態でこれを行うとなると、かなり大掛かりな手続きになるということがいえます。