個人情報は最低限で大丈夫です

車を売る際には、今の時代やはりインターネットサービスのひとつである、一括査定サービスを利用する人が非常に多いと思います。

 

便利でリアルタイムの査定をゲットすることができるということで、年々この手のサービスは人気が高まっている印象も正直あります。

 

その人気の陰で、ひとつ気になるところがあります。それは、「一括査定で個人情報は必須なのか?」という部分についての問題でしょう。

 

今の時代、どうしても個人情報の漏えいがさまざまなトラブルへと形を変えて表面化する時代ですから、特にインターネットを介しての個人情報のやり取りというのは、非常に神経をすり減らさなければならない事象であるといえます。

 

ですから、たとえまったく面識のない者どうしであったとしても、やはりたくさんの会社に対して行う個人情報開示ともなると、自然と個人情報という疑問がついてまわることになるのです。

 

インターネットを介した一括査定サービスの場合、個人情報が漏えいしたとして一番問題になるのが、しつこいセールスでしょう。

 

もちろんそれ以外の被害の可能性も考えられないことはありませんが、それを言ったら個人情報を開示したすべてのケースで当てはまってしまいます。

 

やはり車買取の一括査定サービスに関しては、一部の業者のセールスや勧誘のしつこいアプローチが最も問題になる部分であるといえるでしょう。

 

で、一括査定で個人情報は必須ですか?という質問に対してのお答えになりますが、基本的にはそうしたサービスを提供しているインターネットサイトの方針によって異なるということになるでしょう。

 

ある程度個人情報の開示は覚悟しておかなければならないということも言えてしまうことになります。

 

実際に入力フォームに入れる個人情報は以下になります。

  • 名前
  • 住所
  • 電話番号
  • メールアドレス

特に、大手企業が運営している一括査定サービスについては、ほぼほぼ個人情報の入力は必須という形でサービス提供をしているといえます。

 

ですから、個人情報は必要ありませんというタイプの一括査定サービスのほうが、どちらかといえば特殊であるといえると考えておいてください。

 

まあ、大手企業であれば、少なくとも一括査定サービスを提供している企業で個人情報の管理を怠るようなことはまずないと思いますが、問題は、その個人情報が個々の車買取業者に渡されるというところにあります。

 

ということで、一括査定で個人情報の扱いに対しては、「必要です」となることが多いということを覚えておいていただきたいと思います。