一時抹消登録って何をする時にするの?

一時抹消登録というのは名前通りの一時的な処理となります。

 

現在自分が所有している車を何かの事情で廃車にするというときには、いわゆる「永久抹消登録」を行わなければなりません。

 

場合によっては、永久抹消登録ではなく「一時抹消登録」という形の、一時的な処理を行う必要がある場合もあります。

 

一時抹消登録はどんな時にするの?という素朴な疑問にぶち当たることになると思いますので、今回は、一時抹消登録はどんな時にするのかというテーマでお話していくことにしましょう。

 

永久抹消登録と一時登録抹消の違いは、永久的か一時的かという、まさにその部分だけの違いです。

 

ですから、廃車のような永久にその車を登録から抹消する必要があるときには、永久抹消登録を行うことになり、また、何らかの事情によって、一時的にその車に乗らなくなるというケースが発生した場合には、一時抹消登録を行うことになります。

 

ただし、永久抹消登録と一時抹消登録とでは、登録を行う場所が異なるというところには注意が必要になるといえるでしょう。

 

で、一時抹消登録はどんな時にするの?という素朴な疑問についてですが、位置抹消登録は、あくまでも「一時的に車をつかわなくなるタイミング」で行うことになります。

 

たとえば、車の使用者が海外赴任になるというケースや、ある程度長期の入院が必要になるといったケースでは、留守中に万一のことがあってはいけませんので、その車を一時抹消登録することになります。

 

それ以外にも、車が盗難に遭ってしまったというようなケースでも、一時抹消登録を行うことがあります。

 

車の盗難に遭ってしまったという場合は、一時抹消登録ではなく、永久抹消登録にするケースも多いですが、一時抹消登録の場合、もしその車が戻ってきたときには、もう一度その車に乗るという意図がはっきりしている場合には、そのような処理にします。

 

では、今度は一時抹消登録についても簡単に説明しておきましょう。まずは料金に関してですが、一時抹消登録を行うためには、手数料だけで350円必要になります。

 

他にも、書類代などが必要になります。普通自動車の一時抹消登録は、管轄の陸運局で行います。そして、軽自動車の場合は、軽自動車検査協会で行うことになります。

 

もうひとつ、注意すべき点があります。それは、永久抹消登録の場合、車検が1か月以上残っている場合には、重量税の還付を受けることができます。

 

一時抹消登録の場合には、あくまでも一時的な抹消ですから、車検期間によらず、重量税の還付は受けられません。