廃車にする時にはどんなものが必要?

車を手放す方法はいろいろありますが、一番シンプルなのが、「廃車にする」という方法でしょう。

 

ただ、シンプルであるとはいっても、他の下取りをする、中古車買取業者に売るといった方法と比較したときに、割とシンプルであるということであって、廃車にするからといって、何もしなくてもよいということではありません。そこらへんにゴミを捨てるのとは少々ワケが違います。

 

では、現在所有している車を廃車にする際にはいったいどうしたらよいのかということについて、お話していきたいと思います。廃車にする際に準備しておくものを中心に、お話を進めていきたいと思います。

 

廃車にする際に準備しておくものとして真っ先に思いださなければならないのが、まずは廃車の手続きに必要な書類ということになります。

 

廃車にする際に準備しておくものとして、真っ先に挙げなければならないのは印鑑証明書です。

 

印鑑証明書が必要になるということは、当然印鑑証明書と同じ印鑑が必要になるということになります。ですから、廃車にする際に準備しておくものとして真っ先に用意していただきたいのが、印鑑証明書と印鑑のセットということになります。

 

廃車にする際に準備しておくものとして次に挙げたいのが、車検証でしょう。

 

車検証はだいたい車のダッシュボードの中に入っているというケースが多いようですが、そうでない人は、廃車の際に忘れずに用意していただきたいと思います。それから、これも車に必ずついているはずのナンバープレート(前後1枚ずつ合計2枚)が必要になります。

 

そして、車を廃車にして、解体が行われた後の通知に関する書類も必要になりますので、そのためには、移動報告番号と解体通知日が記された書類が必要になります。

 

そして、車のリサイクル券も必要になります。リサイクル券については、紛失されている人が多いので、その場合には、廃車の際には必ず再発行しておいてください。

 

それと、廃車にする際に準備しておくものとして意外と忘れてしまいがちになるのが、自賠責保険の証明書です。

 

これについては、車検証とセットで管理されている人が多いと思いますので、車検証を用意する際に、一緒に入っているかどうかを必ず確認するようにしていただきたいと思います。

 

それから、マイナンバーカードそのものか、マイナンバーカードをコピーしたものが必要になりますので、廃車にする際に準備しておくものとして上記のものを必ずチェックしてください。