クロス売買とV字売買のメリットを比較

クロス売買とV字売買についてご紹介します。

 

中古車を売ったり買ったりする際には、いくつかの原則があります。たとえば、最も基本的なところでは、中古車を買うときにはできるだけよい車をできるだけ安く買いたいのが心理です。

 

そして、売るときには愛車をできるだけ高く売るというのがまさに原則にあたることになるわけですが、中には、いろいろとテクニカルな手法を用いて中古車を売買するということもあるようです。

 

そんな手法に関する質問もいくつか寄せられることがありますが、たとえば、クロス売買とV字売買の違いとは何か?といった質問はけっこう多いです。

 

そこで今回は、クロス売買とV字売買の違いとは?というテーマでお話していきたいと思います。クロス売買とV字売買の違いを論じるためにも、まずはクロス売買とV字売買のそれぞれの説明を簡単にしておきたいと思います。

 

クロス売買というのは、簡単に言ってしまえば、新車を買うときに、現在乗っている車を新車の販売店で下取りしてもらい、その下取り額を、新車を買うための頭金に充てるといった手法になります。

 

クロス売買は、どちらかといえば、現在ではあまり採用されない手法であったといえるでしょう。もちろん新車に限らず、中古車を買うという場合にも、かつてはこのクロス売買という手法を採用する人が多かったです。

 

これに対して、V字売買というのは、近年の主流になってきている手法で、多くの人が採用する考えかたです。どういうことかというと、現在保有している愛車を、いわゆる中古車買取業者に販売し、そのお金を元手にして、別の業者から新車なり中古車なりを購入するという手法になります。

 

ですから、クロス売買とV字売買の違いとは、簡単に言ってしまえば、1つの業者で売買が簡潔してしまうのがクロス売買であり、売りのタイミングと買いのタイミングでは業者がそれぞれ異なっているという形が、V字売買ということになります。ただ、これはあくまでも見た目上の違いであり、本質的な違いは別のところにあります。

 

なぜ現在はクロス売買ではなくV字売買のほうが人気になっているのかということについて考えてみるとわかりやすいのですが、これはやはり、下取りよりも中古車買取業者のほうが高く愛車を買い取ってくれるというところにその理由が集約されると考えて問題ないでしょう。

 

同じ売るなら、少しでも高く愛車を売りたいという中古車売買の原則を採用しただけのことですから、当然V字売買のほうがメリットが大きくなるのです。

 

これが、クロス売買とV字売買の違いです。