ローンの残りと車の査定額をチェック

ローンが残っている状態で車を買い替えたくなることは多々あるでしょう。

 

車を売りたい、買いたいと、車についてはそれぞれの思い入れが交錯することが多いですが、車を売ったり買ったりする際に、どうしてもひとつ大きな問題になることがあります。

 

それは、現在持っている(乗っている)車にローンが残っている場合はどうなる?というケースです。

 

単純に新しい車を買うというケースでは、特にローンが残っている場合はどうなるもこうなるも関係ないですが、ただ、現在の車を下取りに出すとか、その車を売って新しい車を買いたいというケースでは、当然ローンが残っている場合はどうなる?という疑問が浮上することになるのです。

 

ローンが残っていようとも、ちゃんと毎月返済しているし、こちらにはまったく問題はないわけだし、ローンが残っている場合はどうなるかなんて考えず、普通通りに「マイカー」として売ることができるんじゃないの?という声も、いろいろな方面から聞こえてきますが、しかし実はそうそう簡単なことではないのです。

 

どういうことかというと、ローンを組んでいるということは、その時点でその車が誰のモノになるのか、というところを詳しく調べてみると、実は、ローンが完済できていない段階では、そのローン会社がローン対象車の所有者ということになるのです。

 

ですから、イメージとしては、いわゆる「リース」に近い形になります。そこでローンの残債が50万として、車を売却する際には50万以上の値段が付けばローンを相殺する事ができます。

 

もしも足りない場合は自分の持ち出しで足りない分を追加してローンの所有権を解除するという方法があるのです

 

そうなると、自分が運転して自分がメインテナンスをかけて、自分が税金や保険を払っていたとしても、法的には、自分のモノではないわけですから、まさか他人の車を無断で売っぱらうことなどできるはずがない・・・ということになるのです。

 

その車を売りたいということになった際には、当然、「ローンが残っている場合はどうなる?」というところで立ち止まらなければなりません。

 

ただ、だからといって、その車を売ることができないわけではありません。まずひとつに、その車が完全に自分のものになってしまえばよいわけですから、つまりは、ローンを完済してからその車を売るという方法は、文句のつけようがないくらいに正当な方法ということになります。

 

まあ最近では、ローンのタイプがいろいろ異なるため、は実はそう簡単にコトが運ばないことも珍しくないのですが、いずれにしても、その車のローンを完済するということだけは避けては通れませんので、まずはローンの完済を目指しましょう。

 

売却で相殺できる場合はローン会社に連絡を入れると良いでしょう。