走行距離が10万キロを超えた過走行車の査定の実態

走行距離が10万キロを越えた車が果たして売れるのかどうかというところについて、検証してみたいと思います。

 

今の時代、いろいろな車が売りに出されるようになり、買い取ってもらうため許容範囲もずいぶん広がってきているという印象も正直あり、それならば、たとえ走行距離が10万キロの車であっても、買ってもらえるのではないか・・・という欲が出てくるのも人情でしょう。

 

実際に、車買取の業者(けっこう大手であると思われる)何社かに問い合わせてみたところ、どの会社でも、10万キロの車を買い取ってくれるところはちょっと見つからなかった、というのが結論になります。

 

それどころか、10万キロの車までは行っていないレベルであっても、8万キロくらいからは、ほとんど値がつかないという状況になってしまうようです。

 

ただし、旧車で人気のあるものや、グレードが最上位の高級車などといったものは例外として高値で売る事が出来たりもします。

 

もしかしたら車を買い取ってくれるところがあるとしたら、そういった大手車買取業者ではなく、一般の中古車買取業者のほうなのではないか・・・という読みがあって、そちらのほうにも何か所か問い合わせをしてみたところ、しかし結果的には、10万キロの車に関しては同じような反応に終始しました。

 

そういった業者で言われたことは、こういった車の場合、売値がつかないのはもちろんですが、そのまま引き取りの場合でも、多少お金をいただくことになってしまうかもしれません・・・というようなお話でした。

 

ちなみに、10万キロの車を引き取ってもらうとすると、だいたい「無料〜2万円前後」という費用がかかる可能性が高いということでした。

 

もちろん、ここでご紹介したのは、スポーツタイプとは言え、購入価格的には大衆車よりも少し出た程度のグレード(もちろん無事故、キズなどなし)でしたので、売りたい車種やグレード次第では、買い取ってくれるというところも出てくるかもしれません。

 

ただ、基本的には満足できる買取価格を獲得することは、かなり難しいということになるでしょう。

 

いくら時代が変わったとはいえ、やはり10万キロの車ともなると、ハードルは高かったという印象です。

 

ですが、ネットで出来る一括査定を行う事で複数の業者の中から買い取りたいと希望する方も出てくると思います。

 

確かに過走行車ですと値段は付きにくいのですが、必ずしも買い取ってもらえないという事ではありませんので一度試してみるのが良いでしょう。