車買取りで高く売る方法をプロが教えます

車買取りで愛車をどこよりも高く売りたいと思うのは誰もが考える事です。

 

こんにちは。当サイト管理人の大山と言います。

 

実は私は18歳の時から車業界で働いており、今まで多くの車の整備から売買まで数多く接してきました。

 

そこで車買取りの際にどうすれば一番高く売れるのか?という情報を発信して行こうと思います。

 

今まで乗ってきた愛車を売るときは少しでも高く売りたいと思うのが本音ですよね?

 

でもどうすれば車が一番高く売れるのかという事を知っている方はまだまだ少ないのが現状です。

 

かつては愛車を売却した後に「もっと高く売ればよかった…」とか「もっと高く売れる方法があれば…」といった思いを抱いた事もあるでしょう。

 

 

愛車を買取り業者に持って行って査定をしてもらうのですが、店によっては安く買い叩くところも存在します。そんな店に売却すると悲しい気持ちになってしまいます。

 

また営業マンの巧みな話術や、売却するというまでしつこく迫ってくる迷惑な買い取り専門店もあるのです。

 

もしかしたらもっと車が高く売れたかもしれないのに数万円〜数十万円という損をしている可能性だってあるのです。

 

やはり愛車を売るなら一番高い金額で評価してくれる所に持っていきたいと思うのは間違いありません。

 

ですから、車買取りの際にどうすれば最高額を出して納得の価格で売却するための方法を覚えると役に立ちます。

 

私はそういった車査定も行う側でもあったのでプロとして査定額をアップするためのコツをお伝えします!!

車を高く売る最短の方法

車を売る際に最も早く最高値を出す方法があります。

 

その方法はオンライン一括査定と呼ばれる、インターネットを活用した方法なんですね。

 

自宅からでも漫画喫茶に居ようと場所を問わずに申し込みが出来るんですね。またスマホからでも出来ますので、外出先でも申し込みは可能なんです。

 

そんなインターネットを活用する事で24時間いつでもどこでも愛車の買取査定を簡単に依頼できるんです。

 

 

基本的に愛車を売却する場合ですと、買取り専門店に持って行って査定してもらう方法と、愛車を買い替える時に行える下取りという方法があります。

 

そこで買取りと下取りの2つから選ぶ事になるのですが、実は下取りでは最高値で売却する事は不可能に近いと言えるのです。

 

下取りがどういった理由で高値が出ないのかは後述します。

 

買取りにおいて、何故最高値を出す事が出来るかについて知っておくと全く持って損をすることなく納得の金額で売却する事が可能となるのです。

 

 

オンライン一括査定というのは、1つの専門サイトに複数の有名な買い取り専門店が登録しており、そこで買取り査定の申し込みがあった際に各業者が買い取り価格を一斉に提示するシステムです。

 

ユーザーとしては1度の申し込みで複数の買い取り専門店から希望価格で提示してもらい、その中から一番高い値段を付けてくれた業者に売却すれば良いのです。

 

また申し込みから査定まで完全無料で行えますので、私たちは1円もお金を使う事なく愛車の買取査定を複数の業者からやってもらえるのでお得です。

 

さらに申し込みにかかる時間もわずか5分程度ですので、そこまで手間をかけずに一括査定が行えるというのは非常に便利ですよ!

 

その一括査定が行えるサイトはコチラです。

 

車買取りと下取りの違い

車の買取りと下取りに置いては明確な違いが存在します。

 

多くの方は買取りと下取りを同じようなものだと見ているのですが、この違いを知っていると愛車を売却する際に有利になります。

 

まずは買取りについてですが、現在所有している愛車を買い取り専門店や中古車販売店に売却するという意味です。

 

この部分については下取りと共通しているのですが、買取りですと愛車を売却するだけのという事なのです。

 

 

次に下取りについてですが、次の車に乗り換えるという事が前提となります。

 

例えばディーラーで新車に買い替える場合や、中古車販売店で他の中古車に買い替える場合に下取りが行われます。

 

現在所有している愛車を買い取って貰い、その金額を次に買う車の値引きに活用するという流れなのです。

 

また販売店は車を売る事が出来て、さらに次の在庫車両を安く入手できて他のユーザーに販売する事が出来るので在庫を切らすことなく回す事が可能なのです。

 

こういった仕組みの違いが買取りと下取りにはあるのです。大抵の方は車の乗り換えの際に下取りを選択する事が多いと言えます。

 

しかし、下取りでは査定金額が安くなってしまうのです。

 

これは販売店側の都合によるものが大きく、安く在庫を仕入れて差額を付けて高く売りたいという思惑があるからなのです。

 

 

ですのでユーザーは下取り金額が適正なのかどうかを知る事もなく、そのまま下取りに出してしまう事が多いパターンが殆どです。

 

そこで買取り一括査定を行う事で複数の業者の査定金額を知る事もできて適正価格や予想以上の金額で売却する事が出来るという仕組みになっています。

 

ハッキリ言ってしまえば、最高値で愛車を売りたい場合には下取りよりも買取りをするのが間違いなく得をするという事です。

 

実際に査定金額においても数十万の違いが出ますし、高く売れればその分だけ手元に入るお金も多くなるので損をすることなどありません。

車買取りと下取りのメリット・デメリット

車の買取と下取りにはぞれぞれメリットとデメリットが存在します。

 

メリットがある裏では必ずデメリットは存在し、すべてが思い通りになるというものでもありません。

 

そこで買取りと下取りにおけるメリットとデメリットを洗い出し、デメリットの解決法も併せて紹介していきます。

 

事前に両方を知っておけば愛車を買取り査定をしてもらう際にも事前の準備が出来ると思います。

 

それではまずは買取りにおけるメリットとデメリットをご覧ください。

買取りにおけるメリット

買取りにおけるメリットは最高値で売却できる点です。

 

ココについては前述したとおり、一括査定を行う事で可能となります。

 

また、買取り専門店の査定によっては数十万から100万円近い金額の開きがある事もよくあります。

 

ですので、買取り査定をしてもらう事によって希望の売値よりも上回る事も考えられます。

買取りのデメリット

買取りを行った際のデメリットは幾つかあります。

 

まず初めに、一括査定を行いますので複数の業者からメールや電話での連絡が数多く来る事に煩わしさを感じる事もあります。

 

中には買取りの口約束を取るまでしつこく営業トークを繰り返す営業マンもいたりするのが正直言って面倒だと感じるでしょう。

 

ですが、最高値で愛車を売却するためには多くの業者とのやりとりは必須ですので我慢してください。

 

また1件の業者で即決せずに、必ず全ての業者の提示金額を聞いてから売却を決めるようにしましょう。

 

次のデメリットですが、買取り業者を決めて実際に売却する際に起きる事です。

 

これは愛車を買い取り専門店に売却する事で、次の車が納車されるまで車が手元に無い状況になってしまう可能性があります。

 

2台所有している場合は別ですが、1台しかない場合は通勤や買い物に車を使用している場合ですと非常に困ってしまいます。

 

ですが、上手な方法でこの状況を回避する事も可能なんです。

 

それは、次の車が納車されてから今の車を買取り店に持って行って売却手続きを行えば車の無い状況は避ける事が出来ます。

 

買取りをどの業者でやってもらうか決めてから、車を店に持っていく日程も予め決めておくのが大事です。

 

そして次の車が納車される日以降に専門店に車を持っていくようにすればよいという事になります。

下取りのメリット

下取りにおけるメリットは次の車を購入した店が買い取ってくれる所と言えます。

 

購入した店が車を買い取ってくれるという保証のようなもので、その下取りの査定金額で次に購入する車の価格を相殺できるのが最大のメリットとなります。

 

また、買うのも売るのも同じ店で行うので手続きの早さとスムーズさを感じる事が出来るでしょう。

 

手間が少なくて済むのが下取りにおける良さですので、新車や中古車の買い替えで下取りを選択する方が多いのも納得します。

下取りにおけるデメリット

下取りにおける最大のデメリットは査定価格が買取りに比べて圧倒的に低い事です。

 

もはや金額の低さというのは誰にでも分かりやすいほどで、買取査定と比較してみると一番よく分かります。

 

また、車を持っていくまでの手間と言うのもデメリットではありますが、金額と比べると微々たるものでしょう。

 

次の車を購入する場合に買取り店に持っていくとなると意外と手間がかかりますが今は一括査定という方法で手間も少なくなっています。

 

ですが、それでも購入した店とは別で車を持っていく必要があり、意外と面倒だと思う事もあります。

 

下取りを行う場合は、こういったデメリットを覚悟したうえでやらねばならないでしょう。